地域未来牽引企業

お気軽に
ご連絡ください

■受付時間 8:30~17:30(月~金)(祝祭日除く)

五軸・複合加工機 12台(自社設備67台)、複雑形状の難問題にも対応!試作や多品種小ロット対応など、なんでも来いの「コンビニ工場」! (弊社の特徴へリンク)

加工技術FAQ (VA/VE)

加工技術FAQ (VA/VE)

マシニング加工において、クーラントを使用することで得られるメリットを教えてください。

マシニング加工のクーラントには「何を目的にするか」によってさまざまな種類があります。大きく分けると【油性】【水性】があり、水性のクーラントは【エマルジョンタイプ】【ソリュブルタイプ】という2種類に分かれます。

【油性】は油なので潤滑性能が高く、刃持ちが良くリーマやタップなどの加工には最適です。ですが、粘度が高く液体の摩擦も発生するため冷却性能は低く高精度加工やアルミ製品の加工には向きません。煙や火災など労働環境にも悪く設備の潤滑油とも完全に混ざってしまうため定期的に交換しないと性能は維持できません。

【エマルジョンタイプ】は油をベースとした原液で乳化剤が添加されています。乳化剤の作用で水に溶けカルピスのような色になります。原材料が油なので潤滑性能は高めで油性に比べると冷却性能も抜群に良いです。油分が多いため設備の潤滑油とも混ざってしまうので腐りやすいです。

【ソリュブルタイプ】はエマルジョンタイプより乳化材の量が多く水分量が多いタイプで透明から半透明の液体でシャバシャバです。冷却性能が高くアルミの切削や研削盤に用いられます。潤滑性能はエマルジョンタイプに劣りタップやリーマ加工には向きません。ソリュブルタイプは潤滑油と混ざらないため腐りにくく交換頻度も少なく済むので経済的です。

上記のような大きい分類がありそれぞれのメーカーが強味を打ち出し販売されています。
弊社では、エマルジョンタイプとソリュブルタイプを設備や加工対象により使い分けています。

 

よくあるご質問を投稿
マシニング・フライス加工NC旋盤加工五軸/五軸加工複合旋盤加工ワイヤーカット平面研磨放電加工円筒・インターナル研磨三次元測定器
加工実績へ
設備一覧へ 五軸・複合加工機 12台(自社設備67台)